ご案内(予約制の導入)

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い皆様方の生活様式も大きく変わられてきたと存じます。
当院においても、感染対策の一部として、待合室と診察室の窓を常時開放して十分な換気を行い、待合室での混雑を回避するために予約制を導入させていただくことになりました。
オンライン診療はじめました。詳細はお電話にて。

 0954-22-3888

待ち時間や3密対策の一環、宜しくご協力ご理解のほど、お願い致します。

連絡事項

◎食事栄養療法に加えサプリメントについてのご質問も承っております。

◎予約の枠が詰まっていることが多く、皆様にはご迷惑をおかけいたしております。申し訳ございません。 ご予約は余裕を持って手続きしていただければ幸いです。
なお、急患の方に関しては少々お待たせすることもございますが、臨機応変に対応させていただきます。

当院の特色

一般的な西洋医学的診察に加えて、診断に緻密さを得るため東洋医学的診察を併用しております。東洋医学…

» 詳細を確認する

院長 Profile

清水医院の歴史 元々、先祖は鍋島藩の医師を仰せつかっていましたが、昭和初期より、産婦人科医院を祖父…

» 詳細を確認する

診療案内・交通アクセス

内科、産婦人科、アレルギー科、漢方内科/武雄温泉楼門右折してすぐ(JR武雄温泉駅から徒歩10分・武雄北方…

» 詳細を確認する

漢方治療について

ほとんどの漢方製剤が保険適応で使用できます。体質や証を明確に、さらにより適確にするには、患者さんの…

» 詳細を確認する

R4年9月 TOPICS|【味噌野菜スープのすすめ】

清水医院 今月のコラム

 夏バテがなかなか抜けず、食欲も今一つなどといった訴えが多いようです。コロナ対策や自粛も絡んだストレスも関係しているのでしょうか?夏バテの漢方治療を求めて来院される方も多いですが、確かに漢方治療は有効な場合もありますが、休薬すると早期に症状が再燃される方も少なくありません。睡眠をしっかりとって、朝昼夕の食事は抜かずに食べることは言うまでもないことですが、補食に味噌野菜スープがお薦めです。
 野菜はサラダで食べることが一般的ですが、野菜をスープにすると抗酸化力が向上するとも言われており、野菜の細胞壁はお湯で加熱するとすぐに破裂して、中の有効なビタミンやミネラル成分やポリフェノールそして食物繊維が溶け出てくるので、体内の過剰な活性酸素を処理して疲労物質を減らしてくれるようです。
 ここで、野菜をスープにしてしまうと野菜に含まれるビタミンCが失われてしまうのではないかという懸念がありますが、加熱してもビタミンCは完全には消失しません。食材に含まれるビタミンCが調理の過程で失われてしまう原因は、水に溶け出てしまうことです。一般に加熱をすることによる減少は約20%、煮沸沸騰すると約50%が溶け出てしまうので、ビタミンCが溶け出た野菜スープを捨てずに飲み干してしまうのがお薦めです。ただし、ご注意頂きたいのは、残留農薬の危険性を考えると、調理前に必ず水洗いを行って残留農薬を極力洗い流すことを忘れないでください。
 そこで、野菜スープをバージョンアップさせたものとして、味噌汁に野菜を加えて味噌野菜スープにすると良いでしょう。味噌は発酵物ですし消化管に負担が少なく、タンパク質、ビタミン、ミネラルの宝庫で栄養価も高いです。味噌に含まれるメラノイジンは抗酸化力が強く、腸内環境を改善させてくれます。小腸粘膜の再生をサポートしたり、乳酸菌を増やしてくれる効果も報告されています。
 また味噌は大豆から作られていますが、大豆に含まれるイソフラボンは、エクオール産生菌によってエクオールに代謝されます。エクオールは女性ホルモンではありませんが、女性ホルモン様の作用があり女性の更年期障害の症状緩和にも有用との報告が散見されます。エクオール産生菌が十分でない方でも、味噌は発酵によりアグリコン型のイソフラボンが含まれているため、健常人の通常の腸内細菌でも効率的にエクオールに代謝されるとの見解もあり、味噌には奥深いパワーを感じます。
 味噌野菜スープは健康維持増進の意味でも捨てがたく、間食にもお薦めではないでしょうか。ただし、総カロリーの面からは、食後には軽くても良いので身体を動かして代謝を高めることも必要でしょう。血糖値にもあまり影響を及ぼさず健康維持増進、セルフメディケーションの一環として味噌野菜スープは取り入れてみたいものです。